福島天満宮へ参拝

先日、大阪市にある福島天満宮へ参拝してきました。

菅原道真を祀っていて学問や学業成就のご利益がある福島天満宮。

縁結びの神様もいるので学生さんで大阪に寄ることがあるならぜひ一度、福島天満宮へお参りしてみてはいかがでしょうか。

今回はそんなビルが立ち並ぶ場所にポツンとある福島天満宮へのお参りの様子を写真を添えて紹介していきます。

スポンサーリンク

福島天満宮のご利益について

まず福島天満宮はどんな神社かを歴史や神様・ご利益から見ていきましょう。

どんなときにお参りすればいいのかイメージがわきますよ。

福島天満宮の神様

福島天満宮の拝殿

福島天満宮は学問の神様として有名な菅原道真を祀っています。

なので受験シーズンの中学生・高校生は、学業成就のご利益を願って参拝するといいでしょう。

また福島天満宮には相殿神として大国主命・事代主命・少彦名命が祀られています。

大国主命(おおくにぬしのみこと)や事代主命(ことしとぬしのみこと)は縁結びや福の神。

そして少彦名命(すくなひこのみこと)は医薬の神と言われています。

福島天満宮の由来

福島天満宮の由来は境内にある由緒書きにも書かれていました。

今回はWikipediaから引用しています。

社伝によれば、901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転させられた際、当地の里人徳次郎が旅情を慰めたことをいたく喜ばれ、この辺りを餓飢島と呼ばれていたのを福島と名づけられた。

後年、菅原道真が大宰府で失意のうちに死亡したのを聞いたこの地の里人らが、907年(延喜7年)に小祠を建てたのが起源とされている。

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE

詳しい由緒や歴史については、福島天満宮の公式HPにも書かれていますよ。

公式HP⇒福島天満宮の歴史についてはこちら

大阪府大阪市にある福島天満宮の場所とアクセスを地図で確認

福島天満宮への行き方

次は福島天満宮への行き方を確認していきましょう。

場所自体は駅の近くにあるのですが、写真でもわかるとおり少し見つけづらいです。

幼稚園が隣にあるので、それが目印になったのですが今では閉鎖されているみたい。

鳥居も曲がり角にあるので見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

福島天満宮の住所など基本情報

福島天満宮の基本情報
  • 名前 福島天満宮(ふくしまてんまんぐう)
  • 住所 〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島2丁目8−1
  • マップコード 1 373 893*30
  • 電話番号 06-6451-5907
  • 公式サイト http://www.tenmangu.com/

阪神電車やJRからのアクセスが近い

電車でのアクセスだとJR『新福島駅』が近いですね。

阪神電車や大阪環状線の福島駅からも徒歩圏内。

阪急電車からだと梅田駅からなので少し遠くなってしまいます。

阪急だと1駅分くらい歩くことになりますね。

福島天満宮に駐車スペースはない